脱毛できない場合について

脱毛できない場合について

脱毛、特に光脱毛の場合、脱毛を行う事ができない場合がいくつかあります。その為、脱毛できない場合においては、必ず、カウンセリングの際に確認しておく事が大切です。

 

タトゥーがある場所

タトゥーがある場所において、脱毛を行う事はできません。その理由は、脱毛を行う仕組みにあり、光脱毛の場合、色に反応して脱毛を行う為、タトゥーがある場合、その場所に強い光をあててしまい、火傷の原因になりかねない為です。

 

その為、カウンセリングの際には、正直にタトゥーがある場合場所を伝え、ッその場所を避けた脱毛をお願いするようにします。

 

色素沈着がある場所

色素沈着とは、シミやそばかすなどといた肌に残ってしまっている黒や茶色のものを指します。シミやそばかす以外にも、ニキビ跡や傷跡などがある場合も色素沈着となり、脱毛を行う事は難しくなってきます。とは言っても、その場所を避けての脱毛は可能です。

 

ほくろのある場所

ほくろも、色素沈着の一つになる為、ほくろのある場所の脱毛は出来ません。ほくろがある場合は、その箇所だけ保護シールを貼っての施術になります。

 

日焼けのある場所

これぐらいは、大丈夫かな?と思われるような日焼けでも、脱毛する事を断られる場合も少なくありません。

 

その為、脱毛を行っている期間は、できるだけ日焼けをしないように心がけ、万全の日焼け対策が必要になってきます。

 

光脱毛できない場所を脱毛したい場合は

以上は、脱毛できないと言っても、光脱毛において、脱毛できない場所になっています。その為、光脱毛で脱毛できない場所でも、脱毛方法を変える事で、このような場所でも脱毛が可能になってきます。

 

その方法が、ニードル脱毛です。ニードル脱毛の場合、光を使用せず、毛穴1本1本に針を指し、電流を流す事で、脱毛を行います。その為、シミやそばかすなどといった色素沈着があっても、気にする事なく、脱毛を行う事が可能になっています。

 

ただし、1本1本行う為、非常に時間もかかり、その分、費用も高くなってしまいます。その為、ニードル脱毛は、光脱毛を行う事ができない場所のみと言った使い分けが必要です。

 

おすすめ脱毛サロン